ブログ

CDやDVDがなぜ虹色に光るのか?

メディア CD制作 DVD制作

CDやDVDは虹色に光ってますが、なのにどうしてあんなにきれいな虹色に光るのでしょうか。 今回は記録面(読み取り面)が光にあたるとなぜ虹色に光るのかという雑学を紹介いたします。

虹色に光る理由

プレスの場合、記録情報はピットという小さな穴の並びによって記録されています。
このピットは、ちょうど蚊取り線香の渦巻き状にCDやDVDの表面にらせん状に並んでおり、その並びの間隔がCDの場合は1.6μm、DVDの場合は0.78μmとなっています。 光の波長(だいたい0.38~0.77μm)と同じくらいの一定間隔で並んだものがあると、光の波が強め合う方向にだけ強く光が散乱されます この方向は光の波長(色)によって異なるため、光を虹色に分かれ、プリズムの様に光を虹色に分ける仕組みができます。
このように、光の波長と同じくらいの細かな構造によって色が見えるのを「構造色」といいます。
この「構造色」は他にも身近にあり、シャボン玉や玉虫の色が虹色に見えるのもこの「構造色」が原因になります

構造色補足

先に述べた「玉虫」や「シャボン玉」の他にも様々な構造色を有したものがございます。
昆虫では「モルフォチョウ」や、鳥では「クジャク」等。
また有名なものといえば「曜変天目茶碗」の光彩もこの構造色によるものです。 最近では工業製品でも構造色を利用にたものがあり、車のボディーのカラーを塗料に頼らない技術もでてきております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料お見積・お問い合わせ
TEL : 06-6779-9562

営業時間:月~金 9:30~18:00

ページトップへ